TOP > 資源とは > 資源とは

資源とは

社会学や、経済学では、「資源」を主にヒト、モノ、金銭として捉える。生産活動の元になる物質・水力・労働力などの総称であるということもできる。下位概念として、「地下資源」「人的資源」」などが挙げられる。

英語でResourceという場合は、「資源」や「富」といった財源、財産、資産、資金、援助者(物)、供給源、貯蔵を指す。

『社会学小辞典新版』では「個人や社会システムの目標達成や存続にとって手段として役立つもののなかでも、特に人間の力だけでは任意に生産できず、外部の環境から投入されなければ入手できないような諸手段の総称」であるとされる。さらに「資源という言葉でただちに思い浮かぶのは石油のような天然物であるが、そのほかに機械のような人工物、人間(たとえばマンパワー)、社会関係(コネなど)、文化(言語)などが数え上げられる」という。